Iphone修理業者によって違うこと

Iphone修理業者によって大きく違うことがあります。
それがパーツです。
有名な話ですがIphoneの正規の部品は何処にも正式には流していないです。
卸していないわけですから、手に入る要素というのは極めて少ないです。
ですが、出回っているのも確かであり、修理の時にそれらを使ってくる業者のほうが安心できます。
しかし、非正規の部品を使っているところもよくあります。
機械修理の方法として別に難しいことでも違法でもなく、良くあるやり方です。
要するに互換性があるパーツを使うわけです。
Iphoneのような世界的に普及しているスマートフォンであれば、修理用の部品として非正規であっても互換性がしっかりとある物が売られています。
それを使うことがIphone修理業者ではよくあります。
これは安くできるからであり、極端に安い業者はまず間違いなく、そうした修理パーツを使っています。
悪いわけではなく、ややリスクもあることを自覚していればそれでよいです。